© ハーブ工房リネア All rights reserved.

DSCN0368-300x225

201411/30

ケルンの水

今月の中日文化センターのハーブ教室はケルンの水です。 ケルンの水は歴史上最古の香水とされています。

DSCN0368

フランス語に読み替えされ、「水⇒オ―」「の⇒デ」「ケルン⇒コロン」 「オーデコロン」となりました。 イタリアの雨上がりの春の朝の香り、できあがりが楽しみです。

DSCN0365

ティータイムは紅茶とハーブのブレンドです。 次回12月の教室はユーカリのリース作りを予定しています。

関連記事

2ミモザ

ハーブガーデンのミモザ

ハーブガーデンのミモザがすこしずつ黄色い色をつけはじめました。3月8日のミモザの日(女性の日)までにボンボンのような丸いかわいい花を咲かせて…

12019リース

20202/2

ハーブ教室の様子です。

節分が近いのに春らしいお天気です。久し振りに投稿します。昨年の秋から冬にかけてのハーブ教室の様子です。 …

DSCN5699

マヌカハニーのジンジャーティーとマスクスプレー作り

今年最初の中日文化センターハーブ教室では、インフルエンザ対策をかねてマヌカハニ―について勉強しました。マヌカはニュージーランドに自生する植物…

DSCN5705

ハーブガーデンに水仙が咲きました。

雪が降らないハーブガーデンにかわいい水仙が咲きました。…

DSCN5667

金沢中日文化センター和の香り お正月飾り

12月の中日文化センターハーブ教室は和の香りを漂わせた年末年始に自宅に飾るお正月飾りをつくりました。イナホ、黒米、コキアを30㎝ぐらいにカッ…

ページ上部へ戻る